双聖の陰陽師などの感想・評価

双聖の陰陽師

とりあえず5巻途中のひと区切りまで読んでほしい作品。そこまでは、個人的に歴史に残るくらいおもしろかった。ただ、作品全体で見るとおもしろいときとそうでないときの落差が激しい。

あせびと空世界の冒険者

全10巻。全体的に高いレベルでまとまった作品……なのに、絵に人を引き寄せる力が少し足りないかもしれない。この作者がもう一回この作品を書き直したら、さらにもうひまわりおもしろいものが出来上がるでしょう。

最終兵器彼女

だいぶ前に途中でやめていたので、改めて読破しようとしたら何も中身がない作品で驚いた。前読んだときはおもしろかった記憶があったのに、こうも自分の感性が変わるものなのか、と知れた点はプラス。ただし読破せずにギブアップ。「エヴァンゲリオン」タイプの、におわせだけして何も詳細が語られない(おそらくは設定すらされていない)タイプの作品だと思われます。

タイトルとURLをコピーしました